知っておきたい今どきのaga治療とそれにかかる費用

最近よく耳にすることが増えた、agaという病気をご存知でしょうか。主に男性が発症する病気で、男性型脱毛症の略になります。女性が発症してしまった場合は区別するためにfagaと呼ばれています。agaは、男性ホルモンが大きな原因の一つと言われています。男性ホルモンが抜け毛を誘発してしまう体質の場合、発症してしまいます。そのため、男性ホルモンが少ない女性でも体質的な問題で発症してしまう場合があるのです。しかし、agaは治療することが可能です。治療は可能ですが、aga治療には保険が適用されないことがほとんどです。今回はagaの治療法や、aga治療による費用はどのぐらいかかるのかを紹介していきます。また、agaの再発、ならないようにするための予防なども紹介していきます。

aga治療は一体なにをするのか、保険適用の費用なのか

agaの発症の主な原因が体質や遺伝的なもの以外でもあるのか、もちろんその二つ以外にも原因はあります。ストレスや、生活習慣の乱れによりホルモンバランスが乱れがちになり、発症する場合もあります。aga治療には、様々な薬や療法があります。そのため、しっかりと医師と相談した上で治療を行わないと逆効果になってしまう場合や、副作用が強く体質に合わない薬などもあります。療法にしても、病院によっては頭皮の改善から始めるために頭皮マッサージから行い、頭皮を改善し、毛が生えやすくなってから薬での治療を開始したりするところもあります。aga治療には保険が適用されませので、風邪などの治療とは違い、費用がどうしても高くなってしまいます。aga治療はいくつかの方法がありますが、その全てが医療保険は適用できません。

aga治療にはどのぐらいの費用が必要なのか、予防や対策とは

費用は、aga治療によって変わります。プロペシアという薬であれば、一か月の相場としては7千円から1万円ほどになります。ジェネリック医薬品でも問題のない方は、もっと安く2千円程度で一か月の費用は収まります。飲み薬以外では、発毛注射といったものもあります。こちらは、一回につき1万円から、高いところだと4万円ほどになります。そして、病院によっても治療方針が異なる場合があります。発毛を第一の目的とした治療方法なのか、進行を遅くしていく治療方法なのかをしっかりと相談して、理解する必要があります。目的が違うので、治療費も変わっていきます。そして、agaの予防は、生活習慣を変えることだけではなく、シャンプーを低刺激なものに変えてみることや、今まで行っていなかった方も頭皮ケアをしっかりとすることが大切です。洗髪をする際に、頭皮を傷つけるように強く洗わないことなども予防対策の大切なひとつになります。

脱毛症の治療薬ミノキシジルは、髪の毛を太く長くする効果があります。 発毛治療に使われる薬剤ミノキシジルは、脱毛症に効果的! 池袋AGAクリニックのサイトにて、AGA治療に関するQ&Aを掲載中! aga治療とは、食生活から睡眠など総合的に改善し発毛を目指す治療です。 治療期間や、薬のことなどなんでもご質問ください! 思春期を過ぎてから髪が薄くなってきたと感じたら、AGAかもしれません。 aga治療の費用なら池袋AGAクリニックをご覧ください