どんなaga治療にどれくらいの費用がかかるのか

ある程度年齢を重ねた方や、そうでなく20代の若者でも男性なら一度はaga治療という言葉を耳にした事があるという方も多いでしょう。デリケートな問題であるが故に、なかなか人には話しにくいのがaga治療ですがその悩みを抱える方は費用がいくらくらいかかるのか、先ずそれを知りたいと思っているでしょうから、どの様な治療法がありいくらほどかかるのか、これをいくつかお教えしていきます。始めに言葉が分からない方にも説明するとaga治療というのは、薄毛治療の事です。つまり薄毛に悩んでいる方がカツラや植毛ではなく病院で適切な治療を受けるという方法を指します。ただし一般的に病院で受ける治療と言うと保険が適用され、保険証を持っていればその全額を負担するという事は少ないのが実情ですが、aga治療に関しては保険適用外がほとんどなのです。

aga治療について詳しく知っておくことが治療の第一歩になる

AGAというのは男性型脱毛症という症状で、遺伝の場合や男性ホルモンの影響からなるものだと言われています。症状としては抜け毛が増えて、髪の毛が育ちにくくなっていく事で段々と薄毛になっていくことがあります。あまり知られていませんが日本人男性の3人に1人はこの症状に悩まされていると言われています。年齢と共に髪の毛が薄くなっていくのは仕方がない事、以前まではそう思われて来ましたが実は毛包さえあれば、治療する事が可能なのです。そこでaga治療という言葉が出てくるのですが、先程も言ったように保険適用外となるので費用がどの程度かかるのかが、心配なところです。その前に何故aga治療が保険適用外なのかを念のため説明しますと、端的に言えば命に関わる治療ではない為という事になります。美容整形などと同じ扱いということでしょう。

どの様な治療法がありそれにより費用がどう変わるのか

aga治療は大きく分けると飲み薬の治療薬、塗り薬の治療薬に自毛植毛と発毛治療の4種類があります。ですが、厚生労働省が定めている医療保険が適用される治療には4種類の何れも含まれているものはなく保険適用外という事になっています。この4種類の内飲み薬は1ヶ月に7000円から10000円ほどですが、後発医薬品だと2000円ほどとなります。しかし発毛注射となると1回で10000円から高額だと40000円もかかってきます。更に植毛となってくるとなると1000本程で30万円から高額だと100万円となり、範囲が広ければ3000本程必要になってくるのでその場合は150万円とかなりの金額が必要となります。費用としっかり相談してから踏み出すことが大切になってきますので、事前によく確認しておくといいでしょう。